BOUNDARY CLOCKS


PTP Time Error for T-BCs

This Test Guide shows how the Calnex Paragon-100G can be used to test T-BC compliance as per G.8273.2 and provides procedures to measure noise generation, tolerance & transfer in addition to packet layer transient response and holdove performance.

Testing a T-BC to ITU-T G.8273.2

The accuracy of Telecom Boundary Clocks (T-BCs) is essential to the successful roll-out of LTE-A and TDD-LTE. This application note describes what a boundary clock is, and explains the critical performance parameters defined in G.8273.2.

Measuring Time Error Transfer of G.8273.2 T-BC's

This application note describes in more detail the methods for measuring time error transfer of a T-BC, following the recommendations of G.8273.2 Appendix VI. The companion application note is 'Testing a T-BC to ITU-T G.8273.2' (above).

T-BC G.8273.2準拠テストプラン

ITU-T G.8273.2標準Telecom Boundary Clocks(T-BC)におけるCalnex社推奨のテストプランです。このドキュメントでは、G.8273.2に準拠するためのテストについて詳しく説明します。 Calnex社として推奨する適切なテスト方法を作成しています。

G.813ワンダテストプラン

このテストプランでは、SDH対応スレーブクロック(SECs)のワンダパフォーマンスについて、ITU-T G.813標準で規定されている試験方法を記載しています。テストプランでは、Paragon-Tを使用したG.813に準拠する方法も説明しています。

T-TSC G.8273.2準拠テストプラン

Telecom Time Slave Clocks(T-TSC)の精度は、LTE-AおよびTDD-LTEの導入には不可欠な要素です。 新しいG.8273.2準拠の規定を満たすために、T-TSCは、20または50ナノ秒の非常に厳しいConstant Time Error(cTE)規定を満たさなければなりません。

G.8262準拠テストプラン

G.8261/G.8262規格に対してSync-Eジッタとワンダ評価のためのテストプランです。 このホワイトドキュメントでは、ITU-T G.8261およびG.8262で規定されているSync-Eジッタおよびワンダパフォーマンスのテスト手順について詳しく説明します。