CONFORMANCE TESTS


PTP Time Error for T-BCs

This Test Guide shows how the Calnex Paragon-100G can be used to test T-BC compliance as per G.8273.2 and provides procedures to measure noise generation, tolerance & transfer in addition to packet layer transient response and holdove performance.

G.8262準拠テストプラン

G.8261/G.8262規格に対してSync-Eジッタとワンダ評価のためのテストプランです。 このホワイトドキュメントでは、ITU-T G.8261およびG.8262で規定されているSync-Eジッタおよびワンダパフォーマンスのテスト手順について詳しく説明します。

コンフォーマンステスト

A test plan for SyncE jitter and wander peformance to G.8261 and G.8262. This paper details the test procedures specified in the ITU-T G.8261 and G.8262 standards for Sync-E Jitter and Wander performance.

100Gコンフォーマンステストプラン

100GbEラインレートITU-T G.8262 Telecom Boundary ClocksにおけるCalnex社推奨のテストプランです。このドキュメントでは、G.8262に準拠するためのテストについて詳しく説明します。 Calnex社として推奨する適切なテスト方法を作成しています。

T-BC G.8273.2準拠テストプラン

ITU-T G.8273.2標準Telecom Boundary Clocks(T-BC)におけるCalnex社推奨のテストプランです。このドキュメントでは、G.8273.2に準拠するためのテストについて詳しく説明します。 Calnex社として推奨する適切なテスト方法を作成しています。

G.813ワンダテストプラン

このテストプランでは、SDH対応スレーブクロック(SECs)のワンダパフォーマンスについて、ITU-T G.813標準で規定されている試験方法を記載しています。テストプランでは、Paragon-Tを使用したG.813に準拠する方法も説明しています。

T-TSC G.8273.2準拠テストプラン

Telecom Time Slave Clocks(T-TSC)の精度は、LTE-AおよびTDD-LTEの導入には不可欠な要素です。 新しいG.8273.2準拠の規定を満たすために、T-TSCは、20または50ナノ秒の非常に厳しいConstant Time Error(cTE)規定を満たさなければなりません。

ケーブル遅延による影響管理

高精度なTime Error測定を実施する際において、考慮すべき事項、またケーブル遅延により発生する不確実性をいかに最小化するかについて記載しています。要求精度がナノ秒レベルとなる場合、全てのテストセットアップでのケーブル配線について検討することが重要です。