JITTER


Jitter Measurements for Next Generation networks

Calnex Solutionsのジッタに関する技術ポスターをベースとして、ジッタ測定と考慮すべき側面についての焦点を当てています。ジッタがどのようなものか、Peak to Peak、、RMSジッタ、およびITU-T標準が重要なものである点について記述しています。

High Speed Jitter Generation

ITU-T G.8262セクション8.3基準に対してネットワーク機器のジッタ生成性能を測定する。Paragon-100Gを使用して100GbEジッタ測定を行うことにより、標準準拠の確認がいかに簡単であるかをご確認下さい。

High Speed Jitter Tolerance

ITU-T G.8262セクション9.2基準に対して、ネットワーク機器レシーバ、特にレシーバのクロックリカバリ回路を検証する。100GbEラインレートにおいて、テストパケットを用いたSyncE Jitter試験、測定、標準への準拠確認をどのようにParagon-100Gで実現可能かをご確認下さい。

The importance of measuring wander on high speed interfaces

1Gと10GインタフェースがITU-T G.8262の性能目標を十分に満たしている場合、なぜ40Gと100Gのインタフェースにおいても性能をテストする必要があるのでしょうか?紙

Jitter & Wander in SyncE

SyncEネットワーク環境下におけるジッタとワンダの影響。ジッタ&ワンダとは何ですか? ジッタ&ワンダを発生させる多くの原因について、ITU-T標準に関するコメントと考慮すべき測定項目について議論します。

G.8262 Conformance Test Plan

G.8261/G.8262規格に対してSync-Eジッタとワンダ評価のためのテストプランです。 このホワイトドキュメントでは、ITU-T G.8261およびG.8262で規定されているSync-Eジッタおよびワンダパフォーマンスのテスト手順について詳しく説明します。