SLAVE CLOCKS


Testing PTP Slave Clocks

このドキュメントでは、ITU-T G.8261標準に対する性能を証明するためのテスト手順について詳しく説明します。ラボでPTP Slave Clockをテストする方法や、ネットワークからPTPトラフィックをキャプチャして分析し、Paragon-XでPDVグラフによる解析方法について説明します。

T-TSC G.8273.2 Conformance Test Plan

Telecom Time Slave Clocks(T-TSC)の精度は、LTE-AおよびTDD-LTEの導入が成功するために不可欠です。新しいG.8273.2に標準仕様に準拠するために、T-TSCは、20または50ナノ秒の非常に厳しいconstant Time Error(cTE)の要求を満たさなければなりません。

How PTP works

Precision Time Protocol(PTP)の紹介ビデオです。コア・ネットワークからネットワーク全体にクロックを供給する際のPTPの役割について紹介しています。この重要なネットワーク技術に適用される標準についても導入されています。

A guide to writing user-defined masks

Calnex Analysis Tool(CAT)は、ネットワーク装置のパフォーマンスが関連標準に準拠していることを確認するために、あらかじめ定義された一連のITU-Tマスクが利用可能です。 CATでは、独自のマスクを定義することもできます。このアプリケーションノートは、そのための手順を示しています。

Testing performance of a smart SFP Transparent Clock

Chronos Smart SFP™は、ネットワークオペレータが既存のネットワーク機器を使用できるようにT-TCとして設定できます。こちらのドキュメントでは、T-TCの性能をCalnex Paragon-Xでどのように検証できるかについて説明します。

Testing PTP Boundary Clocks

こちらのドキュメントでは、Telecom Boundary Clocks(T-BC)を試験における重要な考慮すべき事項、LTE-AやTDD-LTEおける高精度同期の要因について説明しています。BCとは何か、なぜ必要なのか、なぜテストする必要があるのか等です。