TIME ERROR


PTP Time Error for T-BCs

This Test Guide shows how the Calnex Paragon-100G can be used to test T-BC compliance as per G.8273.2 and provides procedures to measure noise generation, tolerance & transfer in addition to packet layer transient response and holdove performance.

Time and Time Error

この技術概要では、ネットワーク上で時刻情報を供給する方法、Time Errorがネットワークのパフォーマンスに与える影響、Time Errorを最小化しネットワーク全体で高精度なタイミングと同期を確保する方法について説明します。

Time Error for Boundary Clocks

G.8273.2テストプランに対するテクニカル・ブリーフを記載したドキュメントです。クロックおよびパケットベースクロックの概要、Full Timing Support用バウンダリークロック等。

Time Error Results

こちらのドキュメントでは、1pps測定、1588 Time Error測定、T-BCモデル、T-BC誤差の極性およびT-BC誤差の概要を含む、正確なTime Error測定結果を導出するために考慮すべき課題について説明しています。

Time Transfer in Industrial Ethernet Applications

産業ネットワークにおける時刻配信のための主要なプロトコルの1つは、Precision Time Protocol(PTP)です。 PTPは、イーサネット上の複数のクロック間で信頼性の高い、高精度時刻同期を提供し、リアルタイムのシステムとアプリケーションを実現します。

T-TSC G.8273.2 Conformance Test Plan

Telecom Time Slave Clocks(T-TSC)の精度は、LTE-AおよびTDD-LTEの導入が成功するために不可欠です。新しいG.8273.2に標準準拠するために、T-TSCは、20または50ナノ秒の非常に厳しいconstant Time Error(cTE)の要求を満たさなければなりません。

Managing the impact of cable delays

高精度なTime Error測定を実施する際において考慮すべき事項、またケーブル遅延により発生する不確実性をいかに最小化するかについて記載しています。要求精度がナノ秒レベルとなる場合、全てのテストセットアップでのケーブル配線について検討することが重要です。

ケーブル遅延による影響管理

高精度なTime Error測定を実施する際において、考慮すべき事項、またケーブル遅延により発生する不確実性をいかに最小化するかについて記載しています。要求精度がナノ秒レベルとなる場合、全てのテストセットアップでのケーブル配線について検討することが重要です。