ビッグデータと同期ネットワークへの影響

データ生成は、ビジネス記録や取引のデジタル化、写真、画像、ビデオの共有、さらに最近ではインテリジェント装置による計測など、驚異的な速度で成長し続けています。同様に、スマートフォン、集中型企業サービス、クラウドコンピューティングの運用によって、データ使用量も増加し続けています。増大し続けているデータレートおよびデータトラフィックによってIPネットワークは恒常的に圧迫されており、その結果、さらに大きな帯域幅が必要になります。したがって、10Gbイーサネットから40・100Gbイーサネットシステムへ移行し、将来的には400Gbおよび1Tbと続いていくこととなるでしょう。

データウェアハウスなどの固有サーバーから別のサーバーにビッグデータを転送する場合や、超長距離光ファイバでデータを送信する場合、データパケットを40・100Gbsで転送することは、技術的な課題があります。(目安としては、100Gbsの1本の光ファイバーケーブルで150万同時通話に相当するデータ伝送が可能です。)アプリケーションとサービスでは、高速通信、高精度同期、低レイテンシが要求されます。ネットワークデバイスは安定していて、信頼性がなければなりません。また、データ転送の整合性を評価し、同期やマッピングなどのパフォーマンスを検証し、標準に準拠することを保証するためには、非常に高精度なテスト装置が必要です。

Calnex社はどのようにお役立ちできるでしょうか。Calnex社は最新のテレコムネットワークを構成する40・100Gbsイーサネットデバイスの性能を検証するために、Paragon-100G Sync-EテスタとSpirent Attero-100Gインペアメントテスタの2つの40・100Gbイーサネットテストソリューションを提供しています。

Paragon-100Gは、周波数と位相同期精度の高精度な測定が可能で、パケットトランスポート装置がITU-TおよびIEEEの標準に準拠していることを証明可能です。 Attero-100Gは、データセンタの性能、QoS(Quality of Service)メカニズム、および遅延に厳しいアプリケーションを評価検証するために、ナノ秒の精度による実環境でのインペアメント試験を提供します。