satellite-mobile-backhaul

Mobile
Backhaul

Why Synchronization is important in the Mobile Backhaul

モバイルバックホールは、複雑な構成要素によって成り立っています。2G / 3G音声を伝送する回線交換だけでなく、パケットベースやデータ伝送トポロジなどもサポートする必要があります。最近のモバイルネットワークはデータ中心であり、アプリケーションのリアルタイムサービスやビデオのストリーミング/ダウンロードの需要が高まるにつれて、世界中のネットワーク事業者はますますイーサネットベースのIPバックホールの利用へと移行しています。イーサネットは、経済的な要因とネットワークのスケーラビリティという観点からだけではなく、混在した多様なトラフィックを伝送するために不可欠な周波数と時間両方の同期信号を伝送できることから、現在では広く利用されています。

現在、ブロードバンドデータサービスの急激な需要に対応するため、限られた周波数帯域でより多くのリソースを提供し、伝送遅延を低減しシームレスなローミングを改善するために、4G / LTE-Aが導入されています。しかしながら、4G / LTE-A基地局では、高精度な時間および位相同期が必要になります。これにより、隣接するセル同士の円滑なハンドオーバを保証し、利用者にとって快適なサービス品質を提供することができます。

高精度同期を実現するために、物理層での周波数同期が可能なSynchronous Ethernet(Sync-E)、パケット層での周波数・時刻同期が可能なIEEE1588 Precision Time Protocol(PTP)およびNetwork Time Protocol(NTP)という同期技術が存在します。同期精度の要求は非常に高く、RF生成とクロッキングの場合は通常+/- 50ppb、隣接するセル同士の位相同期の場合は+/- 3usです。GPSは同期のためにも使用することができますが、GPSの設置には衛星を補足しやすいオープンスカイサイト(しばしば都市環境では実現が難しいことが多い)でのアンテナ設置が必要であり、スプーフィングやジャミングの影響といったGPSの脆弱性についても課題が残されています。

トラフィック負荷が高い状態でクロック同期を維持できないと、通話設定の失敗や、ハンドオーバの失敗、さらにデータの再送信などが頻繁に起こるようになります。つまりネットワークサービスにおけるユーザエクスペリエンスが低下します。

Calnex社はどのようにお役に立てるでしょうか? Calnex社は、Sync-EおよびPTP測定器市場のリーディングカンパニーであり、イーサネット同期テクノロジーの開発、導入、および監視をサポートするさまざまなテストソリューションを提供します。当社製品のParagon-X及びSentinelは、Time Error、標準準拠試験(ITU、IEEE)、実環境下での評価試験およびトラブルシューティングなど、多岐に渡る測定およびインペアメントを行うことができます。